【気をつけよう】寒さに弱いゴーラム

ゴーラムは多肉植物の一つです。
多肉植物は比較的育てやすく、その手軽さから人気があります。
初めて育てた植物が多肉植物だという方もいらっしゃると思います。

葉が落ちる

葉に触れるだけでボロッと落ちることがあり、枯れてしまったとのではと相談をうけた事があります。
ゴーラムは弱ってくるとそのような症状があり、まだ枯れたわけではありません。
まずは弱ってしまった原因を突き止めることが大切です。
原因がわかり対処できれば元気を取り戻すことができます。
弱ってしまう原因は水のやりすぎであったり、日光にあたりすぎ、冬なのに外に出しっぱなしだったなどと様々な原因があります。
水のやりすぎや日光にあたりすぎというのはこれからの季節、起こりにくいことと思いますので今回は冬なのに外に出しっぱなしだった場合の対処法を説明したいと思います。

ゴーラムは寒さに弱い

多肉植物は乾燥には強いですが、寒さに弱いという側面もあります。
春から秋にかけては外で育てることも可能ですが、冬は厳禁です。
霜や霜風にさらされるとあっという間に弱り枯れてしまう場合があるからです。
冬は室内の日当たりの良い場所へ必ず移動させるようにしましょう。
また、水のやりすぎは室内といえども冷えすぎて弱らせてしまいますし、成長を止めてしまうことも起こりえます。
乾燥に強い植物ですから、水をたっぷりとあげることは必要ありません。
土の乾燥具合などをチェックしてから水をあげるようにしましょう。
冬を無事に越し、春になったらすぐに外に出すということはやめてください。
春になっても夕方以降には遅霜の心配があります。
外に出すタイミングは遅霜の心配がなくなってから出すようにしましょう。

寒さには敏感に

寒さに弱いゴーラムを守るには秋から冬にかけての気温の変化には敏感であることが大切です。
地域によって気温の変化には差があります。
また寒くなる時期は毎年一緒ではありません。
昨年は大丈夫だったからというのはあてになりません。
ゴーラムを外で育てている方は特に気をつけていくと良いかと思います。