【冬対策】旅行中の観葉植物

クリスマスまで残りわずかですね
冬休みも近づいてきました
さて、寒さに弱いものの多い観葉植物にとっても温度が下がり辛い時期になりますね
でも冬休みやお正月は実家へ帰省や旅行へ行く方も多いはず
寒い中家をしばらく空けなくてはならない場合
観葉植物はどのようにケアしてあげればよいか解説いたします

窓際は要注意

冬の観葉植物の育て方でもよく解説しますが、置き場所にはとても注意が必要です。 昼間は日が出るからと窓際に起き、冷えてくる夕方ごろから窓から離した場所へ移動することが一番ベスト。 しかし家を開けるときはもちろん移動なんてできませんよね。 いくら温暖な地域でも夜中には0度前後まで下がり場所がほとんどだと思います。 窓際に置きっ放しは枯れる原因。 家を空ける場合は部屋の中央など冷気が入ってくる場所から離してあげましょう。 もしも中央においておけない場合は、窓にダンボールなどをたてかけて寒さを遮断します。 もしくは厚手の断熱カーテンを利用するのもオススメです。

観葉植物自体に工夫する

冷え込みやすい部屋の場合や、底冷えもきになる場合は観葉植物そのものを紙袋にいれておくというのも一つです。
紙袋じゃなくてもビニール袋で保温できますが、観葉植物は呼吸をしているので空気のぬける穴を空けるのを忘れては行けません。
通気性が悪いと寝腐れにもなりかねないので注意が必要です。
下に発砲スチロールをひいて上に観葉植物を並べるだけでも違います。
いつも入れている鉢よりも大きな鉢に鉢ごと入れる二重鉢というやり方もあります。
これを行う場合は鉢と鉢の間の土をいれることでより効果を高めることができますよ。
冬の寒さは油断できません。
ですが家を空けなくてはならないタイミングというのは誰にもあります。
事前に対処法を知っておくことで、安心して出かけることができます。
是非、実践してみてくださいね。