【育て方】観葉植物の冬支度

観葉植物の多くは寒い季節になると成長がゆるやかになります。
そして適正温度を下回ると枯れる危険性が出てきます。
秋になり肌寒くなってきたら冬支度をはじめましょう。
冬支度は少し遅くなると取り返しがつかなくなってしまいます。
夏が終わったら気温は小まめにチェックしましょう。

冬支度の目安

冬支度をはじめるためにはまず気温のチェックが大切です。
多くの観葉植物は10度を下回ると元気がなくなってしまうので、気温が10度ほどになったら外においてある観葉植物はすべて室内か温室にいれるようにしましょう。
温室が無い場合や家の中に入れるのが難しい場合は、霜が降りにくく比較的暖かい場所におくようにしてください。
ただ、氷点下まで気温が下がるような地域の方は必ず室内か温室にいれてください。
観葉植物が凍ってしまう可能性もあります。
また、特に寒さが苦手な観葉植物は冷気の入って来やすい窓辺に置くのは控えてください。
日当たりがいいからとつい窓辺に置いてしまうでしょうが、想像以上に温度が下がるので注意が必要です。
どうしても日に当てたいという場合は、朝晩のみ窓辺から話すなど工夫してあげましょう。

冬の水遣り

冬は成長がゆるやかになるので、水を吸う力が弱くなり水遣りの回数がぐっと減ります。
必ず土が乾いているかの確認をし、乾いてから2,3日経過したらお水をあげるのが一番おすすめです。
それくらい乾いてからではないと土が常に湿っている状態となってしまうので根腐れをおこしてしまいます。
乾燥気味で育ててあげましょう。

暖房機器に注意

冬はご家庭でストーブやエアコンなどを利用する機会が多くなると思います。
ストーブやエアコンの風が直接当たらないように気をつけてあげてください。
人に直接温風が当たりすぎると乾燥するように、植物も乾燥し葉が黄色くなってしまったり枯れてしまうということもあります。
風が当たらなくとも乾燥しやすい季節ではありますので、こまめに葉水をしてあげてください。
葉水を冬に行うか行わないかで葉のツヤや美しさはかなり変わってきますよ。

冬さえのりきればまた来年も観葉植物は元気に育っていきますよ。