【観葉植物の育て方】肥料の与え方・タイミング

観葉植物を育てることに欠かせない肥料。

皆さんは正しい肥料の与え方やタイミングなどはご存知でしょうか?

肥料は観葉植物にとってのご飯です。

でも人と違って毎日食べる必要はありません。

必要以上に摂ってしまうと肥料負けをして枯れてしまう恐れもあります。

観葉植物を与える時期

肥料を与える時期は観葉植物の生育期に与えます。

生育期は根から栄養をいっぱい吸収する時期ですので肥料を与えるのに適している時期になるのです。

逆に生育期でないとき与えてしまうと生長が止まっているため、栄養をうまく吸収することができません。

また、今まで蓄えてきた植物内にある栄養があるので過剰に栄養をとりすぎて枯れてしまうことにもつながります。

一般的に生育期は4月~10月頃です。この時期をめあすに肥料を与えてください。

また、稀に枯れ始めるということもありますのでその場合は水などで何倍にも薄めてから肥料を与えるといいでしょう。

肥料を与える頻度

肥料は様々な種類があり、種類によって与える頻度は変わってきます。

ご自宅で使用している費用のやり方をしっかり確認して、その通りに与えてください。

あげすぎは先ほども書いたように栄養過多で枯れてしまいます。

特に即効性のある強いものは豊富な栄養素が含まれていますので、少しでもあげすぎたら危険です。

用法・容量を正しく理解してご利用ください。

肥料は欠かすことのできないアイテムですが、やり方を間違えてしまうと大変危険です。

正しい方法を守って観葉植物を守りましょう。