【トラブル】観葉植物の葉が枯れた

気が付いたら観葉植物のの葉が枯れている、葉っぱだけきれいに落ちてくる、色が落ちてきた等など葉に関するトラブルってたくさんあります。

葉は観葉植物にとって一番重要な部分。

枯れているのはカッコ悪いですし、散ってしまうとみすぼらしい…。

ではそうなってしまう原因を説明します。

葉っぱが枯れる原因

葉っぱが散る原因は大まかにわけると3つあります。

  1. 水のやりすぎ
  2. 直射日光に当たりすぎ
  3. 水不足

です。

1.の水のやりすぎは寝腐れに繋がります。

根が観葉植物を支え、栄養を運んでいる存在です。

根が悪くなればもちろんその影響は観葉植物全体に起こりますが、根から一番離れている葉には影響が出るのも早いです。

水を十分にあげているのに、と思ったら根の様子をみてあげてください。

2.の直射日光に当たりすぎというのはそのままです。

日光を好む観葉植物は多いですが、当たりすぎたら葉焼けをおこします。

葉の色の変色理由としても多くの割合を占める葉焼けは、進行すれば葉が枯れ落ちてしまいます。

直射日光の当たる場所に置いている場合は、場所を動かすかレースカーテン越しに置くなどの工夫が必要となります。

3.水不足は水のやりすぎとは逆の理由です。

水不足は説明しなくてもよくわかっていると思いますが、水が足りないのは人でも脱水症状を起こしますよね。

植物は水が無かったら育ちません。

水不足の原因になりがちなのは一度にやる水の量が少ないこと。

あげすぎてはいけないというのはよく聞くと思いますが、あげすぎてはいけない=一回にやる水の量を減らすではありません。

1回にやる量はたっぷりです。

その代わり頻度に気を付けなくてはいけません。

土がしっかり乾燥しているのを確認してから水をあげましょう。

そうすれば葉が枯れることを防げるはずです。

葉の枯れる原因は色々あります。

ご自身の日頃のお世話に照らし合わせてみてください。

少しでも原因となりそうなことがあったら改善するとより元気な観葉植物になるはずです。