【対策】寒くなる前に備えよう

夏が終わり、秋が来たと思ったらあっという間に冬。

冬は観葉植物の苦手な季節になります。

寒くなる前に備えてあげたいですよね。

衣替えをしはじめたら、観葉植物も寒さの対策をはじめましょう。

観葉植物の冬支度

冬支度を怠ると、寒くなった途端に葉がパラパラと落ち始めたということになりかねません。

肌寒くなりはじめたら冬支度をはじめましょう。

亜熱帯地域で産まれた観葉植物は冬が苦手です。

多くの観葉植物は気温が10度以下の場所には向きません。

まず、外に置いてある観葉植物は室内にいれてあげましょう。

まだ昼間が温かいから大丈夫、と油断してはいけません。

朝方は想像以上に冷えています。そのまま放置していては葉っぱが落ちたり枯れたりする原因になってしまいます。

どうしても室内におけないという場合は夜の間だけでも玄関などにいれるなどの工夫をしたり、観葉植物用の温室がネットショップなどに売っていますのでそちらを利用しましょう。

冬は霜もおりてきますので、必ず気を付けてくださいね。

また、窓辺に置いている観葉植物は窓から少し離してあげてください。

窓は冷気の入り口です。思った以上に冷え込みます。

冬の落とし穴

観葉植物は寒さに苦手ですが、暖房などの風が直接あたらないように気を付けましょう。

暖房の風は乾燥を招くのでこちらも葉が枯れてしまったり、色が抜けてしまうなどということになりかねません。

どうしても暖房の風が当たってしまうという事があれば、定期的に葉水をしてあげてくださいね。

(葉水とは霧吹きなどで葉に水をかけてあげることです。)

葉水さえしてあげれば葉の潤いを保つことができます。

もう一つ気を付けたいのが床暖房です。

鉢を床暖房の上に直置きは絶対にしないでください。

土が温まりすぎて寝腐れを起こしてしまいます。

鉢の下に板を挟むなど床暖房から距離をとってあげましょう。

冬支度は早すぎるということはありません。

そろそろ家に入れた方がいいかな、と感じたらすぐに実行しましょう。

春までは長いですが、冬を乗り越えなくては春を迎えることはできません。

気温の変化には敏感でいたいものです。