【トラブル対策】観葉植物の台風対策

台風といえば激しい雨と風ですね。

観葉植物を外で育てている方にとっては、台風は天敵。

しっかりと対策をしましょう。

対策しないと茎が折れてしまったり、もっと酷いと植木鉢ごと倒れて、植木鉢が割れる恐れがあります。

特に高層マンションなどのベランダなど高い場所の植木鉢が倒れて割れた拍子に破片が地面に落下しないとも限りません。

落下してしまったら誰かが怪我をしてしまうことも考えられるので、必ず対策をしましょう。

台風上陸前にできる対策

上陸前に行う対策は、まず外に出ている観葉植物を屋内や軒下、ガレージなどに退避させます。

物理的に雨と風を避けるというのが一番適した対策です。

ただ、観葉植物の量が多くて屋内などに避難させられない。

片付けられるようなスペースがないという方もいらっしゃると思います。

そんな方でもできる対策を紹介します。

  1. 複数の鉢をまとめてくくり、風に飛ばされないようにします。
    鉢のサイズはなるべく同じくらいの大きさが好ましいです。
    大きさがばらばらだと縛りにくく、ほどけやすいです。
    この時強く縛ってくださいね。縛りが甘いとほどけてしまい意味がなくなってしまいます。
  2. 大きな植物はあらかじめ倒しましょう。
    あらかじめ倒しておけば倒れる心配がありませんので鉢割れが防げます。
    倒すときはゆっくりと丁寧に茎の部分を手で支えながら倒してください。
  3. フェンスやポールなどにくくりつける。
    家のポストなどどんな強い風が来ても絶対に倒れる心配のないものにくくりつけてもいいですね。
    ビニール紐や麻ひもが千切れにくくておすすめです。
  4. 葉や花などは剪定。
    葉がたくさん茂っているとそれだけ風の抵抗をうけやすくなります。
    ある程度剪定しておけばそのぶん抵抗をへらせるので倒れにくくなります。

以上が上陸前にできる対策です。

ただ、外は外ですので室内のように完璧に守ることはできないというのは念頭に参考にしてくださいね。

台風が通り過ぎた後は

台風が通り過ぎたら、くくりつけた紐などを解いたら終わりというわけにはいきません。

後始末までしっかりと行いましょう。

特にベランダにおいておいた場合は排水溝などの掃除は欠かさないようにしてください。

どんなに対策しても多少の葉っぱは落ちてしまうものです。

このときに落ちた葉っぱをそのままにしてしまうと近隣住宅の排水溝のつまりの原因となってしまいます。

鉢ごと倒しておいたものは土がよっていることも考えられます。

気になった場合は軽く植えなおしてあげてもよいでしょう。

台風の対策はとても大変です。

でも、大事な観葉植物を守るためにはとても大事なことです。

台風対策に失敗してしまい、観葉植物がダメになってしまったというお話は何度も聞いたことがあります。

大変ですが、守るためにもしっかり対策をしましょうね。