観葉植物は温かい時期が好きだから、夏は何も心配いらないと思っていらっしゃる方はいませんか?
夏こそ気を付けたい時期なのです。
夏に多いトラブルとその対処法を紹介します。

室内でも起こりやすい葉焼け

気づいたら葉の色が変色している、枯れかけているという経験はありませんか?
それは葉焼けの症状です。
直射日光に当たりすぎるとその名の通り葉が焼けてしまいます。
いくら日光が好きな観葉植物でもいきなり真夏の太陽光には敵いません。
最初は日陰に置き、徐々に光の強さに慣らすことが大切です。
慣れてきてもあまりに日差しが強い日は日陰に置くことをおすすめします。
特に暑い地域の場合は気温がたかすぎて弱ってしまうことがありますので、より注意が必要です。
また水やり後の水滴にも注意をしましょう。
水滴が葉に乗っているままだとレンズ効果が発生し、日光があたるだけで葉が枯れてしまうのです。
お水をあげるのは朝か夕方にすると日光が出るころには水滴も乾いているので安心ですよ。

うっかりしがちな乾燥

夏場は土が乾燥しやすい季節でもあります。
想像以上に土の乾燥が早いことが多いので小まめにチェックしてあげてください。
でもお水のあげすぎは今度は根腐れを起こしますので、土を手で触り乾燥しているなと思ったときにあげるようにしてくださいね。
暑いからといって水をあげすぎて枯らしてしまうということもよくありますよ。
他にも室内で育てている観葉植物はエアコンの風に注意しましょう。
エアコンの風が直接あたってしまうと葉が乾燥して枯れてしまいます。
エアコンの風があたらない場所に置くようにしましょう。
また、定期的にスプレーなどで葉水をしてあげると乾燥防止になりますよ。

夏は小まめなチェックがとても大切です。
1日朝と晩には必ず土や葉の状態をチェックしてあげましょう。
夏休みなど長期休暇で外出する場合は、日の当たりすぎない室内におきたっぷりお水をあげてから出かけるようにすると枯れにくいですよ。
是非実践してみてくださいね。