観葉植物を初めて育てる場合、どう育てればいいのかをまず悩まれると思います。
自分から育てたいと思った方はある程度ご自分で調べていらっしゃることが多いですが、人から初めて観葉植物をもらってけれど育て方がわからないというお声をよく聞きます。
観葉植物を今まで育てたことがない、興味の無かった方に向けてお世話の方法を解説いたします。

水と土

観葉植物に限らず、植物を育てることに関して一番重要なことは水やりです。 水は植物や環境にによってそれぞれに適量があり、多すぎても少なすぎても駄目なもの。 どうやって判断をするかというと、土の状態のチェックで判断ができます。 土の表面が乾いていたら水やりのサインです。 乾燥するまえにあげると、根がすいきれなかった水分が土の中に残り続け根が腐ってしまい枯れる原因となってしまいます。 乾燥してから水をあげて本当にいいの?と思うかもしれませんが、観葉植物は乾燥に強いものが多いので植物が枯れてしまうということはありません。 また、冬は根の水を吸う力が弱いので夏よりも間隔が空いてしまうということはしっかり覚えておきましょう。 あげる回数は減っても、一度にあげる水の量はたっぷりのままで大丈夫です。

日光

観葉植物は日光が大好きです。 日照時間は季節によってかなり変動があり、一年中窓際に置いておけばいいということはありません。 春や秋ぐらいの温度でしたら積極的に日光を当てて問題は無いのですが、夏や冬は置き場所を考えなくてはなりません。 夏の場合はずっと日光にあてておくと葉が焼けてしまいます。 レースカーテン越や窓辺ではない光の当たる場所へ置くのが好ましいです。 せっかく春に育って綺麗なグリーンが焼けてしまうのは勿体ないです。 日が強くなったと感じたら、観葉植物に日が当りすぎていないかを考えてあげましょう。 冬は暖かい室内で育てましょう。 窓際ですと朝晩の冷気で枯れてしまうこともあります。 昼間は日に当てるために窓際へ、夜になったら窓際から離れた暖かい場所へ置くといいでしょう。 お仕事等をされている場合、こまめに移動させることが難しいという方は鉢に鉢カバーなどをつけて対策されるといいですよ。

基本のポイント

水やりと土、日光などのポインとを紹介しましたが一番大切なことは育てる『観葉植物の特徴』をしっかりと知っておくことです。 種類によっては乾燥が苦手なもの、寒さにつよいもの、暑さに弱いものなどたくさんの特徴があります。 本や最近ではこうしてブログなどでたくさんの植物の育て方がのっていますので参考にされるといいですよ。