新しく観葉植物を買った方もこれから植え替えを考えている方も、鉢植えって悩みませんか? ホームセンターや百均にも豊富に取り揃えられてますよね。 可愛いもの、シンプルなもの、カッコイイものがたくさんあって迷ってしまうもの。 鉢植えの種類などを紹介します。

鉢の大きさ

鉢は1号、2号と大きさを表します。
初心者の方の場合、号数じゃよくわからない、適当に買ったら小さすぎた大きすぎたなどあるかと思います。

■1~2号鉢
1号鉢、2号鉢は小さな観葉植物を育てるのにおすすめのサイズです。

1号鉢 直径3㎝ 必要な土の量は0.02ℓ
2号鉢 鉢の直径6㎝ 必要な土の量は0.06ℓ

■3~5号鉢
多肉植物の寄せ植えや観葉植物、草花1株を植えるのにちょうどいい大きさの鉢です。
市販の育苗ポットは主に3号鉢のサイズになっています。
高さが20㎝~40㎝の観葉植物はこちらを選びましょう。

3号鉢 鉢の直径9㎝ 必要な土の量は0.3ℓ
4号鉢 鉢の直径12㎝ 必要な土の量0.6ℓ
5号鉢 鉢の直径15㎝ 必要な土の量1ℓ

■6~8号鉢
少し大きめの観葉植物や小さめの樹木を植えるのにちょうどいいサイズです。
あまり大きすぎる植物を植えると、風に煽られて倒れてしまう危険性があるので注意が必要です。
40㎝~120㎝の大きさの観葉植物向けです。

6号鉢 鉢の直径18㎝ 必要な土の量2.2ℓ
7号鉢 鉢の直径21㎝ 必要な土の量3.5ℓ
8号鉢 鉢の直径24㎝ 必要な土の量5.1ℓ

■9~11号鉢
草花の寄せ植えや、樹木に適した大きさです。
150㎝~180㎝ほど育った観葉植物はこのサイズで十分です

9号鉢 鉢の直径27㎝ 必要な土の量7.3ℓ
10号鉢 鉢の直径30㎝ 必要な土の量8.4ℓ
11号鉢 鉢の直径33㎝ 必要な土の量10ℓ

■12号鉢以上
大きな樹木や植物に適した大きさです。
土にも鉢にもかなりの重さがあり、地上部が大きい植物を植えても安定感があります。
このサイズを使う観葉植物はかなり少ないかと思います。

12号鉢 鉢の直径36㎝ 必要な土の量14ℓ

鉢の種類


鉢には種類があり、家の中や玄関などに飾る場合は種類とインテリアの相性を確認されると良いでしょう。

■プラスチック鉢
比較的安価で、割れにくく軽い鉢です。
色や形などの種類も豊富
欠点としては通気性・吸水性はなく、水やりや夏場の管理が少し難しくなります。

■素焼き・テラコッタ鉢
自然素材でできている陶器の鉢です。
鉢自体に小さな穴が開いているので吸水性・通気性がとても良く、夏場管理もしやすいです。
欠点は鉢は重めで衝撃に弱いため、丁寧に扱う必要があります。
ご自分でDIYをしてペンキで好きな色にアレンジをする方もいらっしゃいます。

■木製鉢
木目が自然できれいなため人気のある種類。
通気性・吸水性も良く、植物に優しい素材ですが、腐りやすいのが欠点です。
鉢カバーとして使われる方が多いですね。

■陶器鉢
色や形に種類が豊富で、おしゃれなものが多いです。
しかし鉢は通気性が悪く、陶器なので衝撃にも弱いという欠点が多いところが…。

家や住んでいる地域の環境によっても観葉植物は左右されます。
少しでも観葉植物に優しく、おしゃれなものを見つけたいものですね。