【初心者向け】観葉植物を鉢を植え替えてみよう

大切な観葉植物を長く保たせられるように、植え替えにチャレンジしてみましょう。
難しいな、どうすればいいのかわからない、そんなときに是非参考にしてみてください。

植替えの流れ

1.前回の植え替え、または購入から2年が経過している場合植え替え対象になります

2.鉢から苗を抜きます
根底から根がはみ出ているので引き出しにくいので注意

3.根についている土を手でほぐして落し、根の先端が傷んだり、黒ずんだりしていればハサミで切り落とします
根を切り落とすことには
・鉢の中で、根が伸びるスペースを確保する
・根を古い根から新しい根へ交代させリフレッシュさせる
・切ることにより刺激を与え、新しい根っこの成長を促す
などの意味があります。どこまで切ればいいかわかならい、という時は無理に切らずに先を少し切りましょう。

4.鉢に鉢底ネット、鉢底石を敷きます
底に鉢底石をならべておくと排水がよくなる効果があります

5.観葉植物の土などの専用の土、もしくは培養土などをいれます。
鉢の1/3?1/2ほどまでいれるといいです。

6.苗を鉢の中心に仮置きします
生え際が鉢の縁から3?4cm下にくるよう高さを調整します

7.隙間までしっかりと土を入れて固定する
隙間に入れた土は、棒などでつつくとしめ固まって沈みますので、再度土を付け足しましょう。
一番上まで土で埋めてしまわずに水やりスペースを上から3㎝ほど残しておくといいですよ。

9.たっぷりと水やりをする
これで終了です!お疲れ様でした。

植え替えた直後は、根が土にうまく定着していないので背丈の高い植物であればグラつくことがあります。
ぐらつくようなら支柱に固定し根への負担を減らしてあげましょう。

植え替え後のお世話

植え替えた後は、根を取り除いたので水を十分に吸い上げることができないためいつも通りの管理できません。
根が土にうまく定着していないので慎重に扱ってあげあしょう。

しばらくは風の当たらない、明るめの日陰で様子をみます。
葉の生長が見られたりすると根が定着した証拠なので、もとの植物が好む環境に移動させましょう。

根が定着するまでは水やりは土の表面が乾いたタイミングで与え、肥料は不要です。
根が定着してから、もとの水やりの頻度に戻し、植物によっては液体肥料を与えます。