【日光が決め手】冬のシルクジャスミン

寒波到来、とても寒さの厳しい日が続きますね。
厳しい寒さは観葉植物には大敵。
温かいお部屋へ移すなど対策をしてあげることが重要になってきます。
さて、今回はシルクジャスミンの冬越しについて解説いたします。
シルクジャスミンは花や実をつけることで人気のある観葉植物です。
冬はどうすればいいのか説明します。

冬でも日光に当てて葉を守ろう

シルクジャスミンは耐寒があまりないので、室内に入れてあげてください。
霜に触れると枯れてしまうことがあるので、この季節に外に置いておくのはかなり危険です。
耐陰性もありますが日光にあまり当たらないと葉が落ちてしまうので、寂しい見た目になってしまいます。
5度以下の気温の場所に置いておくのも葉っぱが落ちる原因です。
見た目も美しく保ちたいという場合は、日光が当たる温かい部屋の窓辺に置いてあげると良いでしょう。

お水はほどほどに

夏場はたっぷりと上げていたお水も冬になったらほどほどに減らしましょう。
寒くなるとシルクジャスミンは成長が緩やかになるため、お水をあまり吸わなくなります。
冬の水のやりすぎは寝腐れを引き起こす可能性があるので慎重に行います。
土がちゃんと確認してから水をあげましょう。
ただ、乾燥しすぎるのは枯れる原因になってしまいます。
カラカラに乾燥する前にはお水をあげてくださいね。
たまに葉水なども行うと、元気に冬が越せるかと思います。

シルクジャスミンの冬越しは

日光にあてる
乾燥しすぎる前にお水を
以上に注意してあげると良いですよ。
16.送料無料 シルクジャスミン丸鉢☆観葉植物